カテゴリ:和船を作ろう( 11 )

土佐和船キット

いよいよ発売となりました♪
e0146402_20184420.jpg



e0146402_21373737.jpg

e0146402_21375161.jpg


e0146402_21381676.jpg

この外板に有る舟釘のほぞ穴がリアルなのです。


詳しい内容はこちらでご覧になれます。http://thermal2.exblog.jp/i65/
by rikubakuginga | 2011-12-24 21:46 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立8

コベリの取り付け

セキダイ下側にはコベリと言う補強材が有ります。
e0180691_18425983.jpg

模型では2×4杉材をセキダイ下弦に接着しますが、斜めに接しますのであらかじめよく擦り合わせてから
e0180691_1844824.jpg

e0180691_18465432.jpg

e0180691_18471164.jpg

接着します。


そして船首は
e0180691_18475439.jpg

先に行くほど薄く尖らせ


船尾も
e0180691_18482624.jpg

角を丸めます。


次に船首上面をペーパーで平にペーパー掛けし
e0180691_1849423.jpg

甲板材(マカイ)を接着、両サイドをコベリに合わせペーパーで整えます。



ミオシ回りの仕上げ

船首にはヒノキ材のミオシパーツが付きますので
e0180691_1857253.jpg

船体側の合わせ面を平に仕上げ、接着します。


そして船首下面に舟が岸に乗り上げる時の補強が有りますので
e0180691_18585679.jpg

キット付属の堅木を接着し
e0180691_195468.jpg

ミオシに揃えます。


最後にミオシ前側を横から見て
e0180691_1965228.jpg

弧を描くように整形すると格好良くなります。
by rikubakuginga | 2011-12-23 19:08 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立7

セキダイの取り付け3

底板を準備します。
e0180691_22563178.jpg

前からセイ、ロ、ハ、ニ、ホ、ヘとなります。


最初は中央の
e0180691_22581539.jpg

セニから始めましょう。


ポイントは
e0180691_22592586.jpg

セキダイ側板底面に接する部分を斜めにペーパー掛けして十分摺り合わせ
e0180691_231668.jpg

接着する事です。


そして全ての底板を突き合わせ、接着して行きますが
e0180691_2332949.jpg

セキダイ底板下側をタナ側面の毛書き線に合わせます。


船首と船尾は
e0180691_2344479.jpg

e0180691_23532.jpg

このようになります。



e0180691_2371627.jpg

左右が完成したら
e0180691_2380100.jpg

e0180691_2381149.jpg

セキダイ側板の前後余分をカットし、角を少し丸めます。



※底板部材は少し広めに加工して有りますので最後に側板に合わせペーパー掛けいたします。
by rikubakuginga | 2011-12-22 23:09 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立6

セキダイの取り付け2
e0180691_21122562.jpg

船首倉庫床板(マソイ、マソロ)と前甲板材(カロ)を貼り合わせます。


次に
e0180691_21124644.jpg

倉庫床板を船首に接着。


そして3×3×61と76の角材を
e0180691_21134217.jpg

このように内面に擦り合わせて接着し
e0180691_21241674.jpg

前甲板材を接着後
e0180691_21263719.jpg

舷側(両サイド)に揃えてペーパー掛けします。


船尾甲板も
e0180691_2127645.jpg

部材(ウカイ、ロ、ハ、ニ、ホ)を接着して側面を揃えます。


いよいよセキダイの構築ですが
e0180691_2129641.jpg

両端に切り欠きが入った杉の棒材をセキダイ支えに接着するのですが、ツノとオオトコ部の接着位置は原寸図から寸法を取って下さい。
by rikubakuginga | 2011-12-21 21:33 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立5

5、セキダイの取り付け1

土佐和船チヌ釣り舟には波浪から浸水を守る為、両舷に大きく迫出したヘリが有り、セキダイと称しています。

このような大きなうねりや機帆船の引き並みにも安心して対処する事が来ます。
e0180691_0161229.jpg



そして実舟のセキダイ。
e0180691_2331496.jpg

e0180691_23265765.jpg


タナ板側面にはコベリと言う補強材が添えられていますが、セキダイが構成される事により強度が大幅に上がっていると思われます。


これを支える部材(サ)を
e0180691_23295081.jpg

(ハ)の上面に接着します。

※部材には舷外側に位置を合わす刻みが入っています。


次に船首甲板下の船倉敷居を
e0180691_23161978.jpg

内寸に合わせ
e0180691_23164571.jpg

ペーパー掛けし部材(イ)の後面に揃えて接着。


上側にも鴨居を
e0180691_23192222.jpg

同様に擦り合わせますが


付属の治具2の前側を
e0180691_2320068.jpg

このように使って位置を決め、接着。


船尾の倉庫部も
e0180691_23214325.jpg

治具2の後側用で位置を決めて仕上げます。




続く
by rikubakuginga | 2011-12-19 23:31 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立4

4、上甲板の艤装
e0180691_20505266.jpg

タナ板左右上面が水平面になるよう軽くペーパー掛けします。


次に船首にツノ(5×6ヒノキ材)を
e0180691_20515625.jpg

タナ板前部の凹みに合わせ接着し、舷から外側を斜めに削り上げます。


船尾にもオオトコ(6×9ヒノキ材)を
e0180691_20544098.jpg

切り欠きに接着してツノと同じく斜めに仕上げます。
by rikubakuginga | 2011-12-18 20:56 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立3

3、タナ板の取り付け
e0180691_22121.jpg

カジキの上端をタナ板との合わせの為、原寸図断面を参考にペーパー掛けします。

e0180691_245770.jpg

船首

e0180691_25292.jpg

中央

e0180691_25533.jpg

船尾はこのように。


そして
e0180691_27412.jpg

カジキ上端のエッジを

e0180691_29212.jpg

軽く面を出し、後の甲板材が乗せられるようにして置きます。


次に
e0180691_2131919.jpg

このタナ板取り付けですが


事前に
e0180691_214211.jpg

部材(ト)2枚を

e0180691_2144193.jpg

(ハ)の上面に接着。


その後
e0180691_2154678.jpg

タナ板前部をカジキと同様に斜めにペーパー掛け加工し


e0180691_217850.jpg

(ト)にはめ込み

e0180691_2181872.jpg

接着。


e0180691_219111.jpg

この状態で


e0180691_2194146.jpg

船首のミオシ芯材にタナ板を添え、接着。


船尾も
e0180691_2223030.jpg

絞り込んで(ヘ)の後端角と合わせて接着。


最後に
e0180691_2242572.jpg

(ヘ)の上に出っ張った部分を平にペーパー掛けし


治具を
e0180691_2264161.jpg

外して完了。
by rikubakuginga | 2011-12-18 02:27 | 和船を作ろう
和船は古くから日本各地に伝わる西洋船には無い応力外板構造を各地の船大工がその海域や漁に適した形態に順応発展させた物です。
基本構造は、3枚又は5枚の杉板によって構成され目的に応じて艤装されています。
土佐和船は、全長17~20尺(5~6メートル)に作られ湾内から外洋の沿岸部でも漁が出来るよう特に対波性を重視し外販5枚構成の船体の側面に、さらにセキダイと言う張り出しをもうけて波浪が船内に進入しにくいよう考慮され、強度も上がった舟です。そして海水が流入するカンコ(生け簀)を装備し、収穫した魚類を生かしておく事が出来る訳です。

その巧みの伝統技術をまるで実船を建造するかのごとく組み立てられるキットとして甦らせたのが本製品です。

当模型では20尺級を1/10に縮尺し、5枚の外販やセキダイを本物の杉板で忠実に再現して、まるで実際の造船工程を味わえるかのように考慮して有りますので各パーツを10倍に拡大すれば本物が建造出来る可能性が有ります。

私が幼少の頃は河川や沿岸部に沢山有り、生活に密着していた木造和船は今ではほとんど見かけなくなってしまいました。新しい工法のFRP 船の普及で世話のかかる和船は需要が減り、船大工の後継者も育つ事無く高齢化の為に消え去って行く運命となっています。それでも職人技のオーラを放つ優雅な和船は一部の愛好家には貴重な道具として伝統のハイカラ釣りに今でも活用されています。


e0180691_2245017.jpg

これは和船で釣りを行なっている筆者ですが、左後方コブの様な岩が有名な袂石です。





by rikubakuginga | 2011-12-16 22:09 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立2

2、カジキの取り付け

カワラに接するカジキは、およそ2ミリの厚みが有りますが
e0180691_20312384.jpg

付属のサンドペーパーで
e0180691_20383494.jpg

先端をこのように0.5ミリ位の厚さまで斜めに加工し
e0180691_20431687.jpg

ミオシ芯材に面が合うようにいたします。


左右のカジキを
e0180691_21252979.jpg

向かい合わせ、同じように加工し


ハに
e0180691_21262458.jpg

はめ込み

e0180691_21274486.jpg

カジキとハを接着。


次に
e0180691_21284933.jpg

船首にカジキを絞り合わせ、ミオシ芯材とピッタリ合うようにシュミレーションし
e0180691_21325112.jpg

左右カジキを
e0180691_21331243.jpg

ミオシ芯材に接着します。


船尾も
e0180691_2133573.jpg

位置合わせを入念に行なって
e0180691_21342426.jpg

カジキを
e0180691_21351681.jpg

(ヘ)に接着。


その後
e0180691_2136893.jpg

船体内面のカワラとカジキの間に
e0180691_21364948.jpg

瞬間接着剤を流して固定します。
by rikubakuginga | 2011-12-15 20:50 | 和船を作ろう

土佐和船キットの組立1

モデルは実舟の20尺(約6メートル)を1/10に縮尺した物で、本物と同じ高知県産の杉板を主材にしています。
e0180691_23531149.jpg

キットパーツはこのように構成されていていまして、一部パーツに角度や内寸に合わせて削る作業はございますが実舟の建造工程がリアルに味わえます。

1、カワラの準備

まずは底板であるカワラは左右2枚の板が継ぎ合わせれて構成されます。
e0180691_041642.jpg

模型では左右が接合済みの状態とし、上面には各胴枠の位置や継ぎ合わせの舟釘の表現を記しています。

下面には継ぎ合わせの為の舟釘ほぞの外に
e0180691_84656.jpg

斜めに削る為の
e0180691_851265.jpg

ケガキ線が示されています。


それを目安に
e0180691_8556100.jpg

カッターと
e0180691_861299.jpg

付属のサンドペーパーで丁寧に加工します。
e0180691_87851.jpg

これで一番大きな作業の完成です。


次に後部のオリイレですが、波線の部分の上面に小型ノコギリで切れ目を入れ
上に浅く折り曲げられるようにいたします。

そしてカワラには
e0180691_19415818.jpg

これらのパーツが示された位置に接着される訳ですが

e0180691_19464519.jpg

部材記号(イ)は側面とカジキ内面に上手く接するよう、あらかじめ必要な角度に

e0180691_19471187.jpg

ペーパー掛けしてから

e0180691_1947379.jpg

瞬間接着剤で

e0180691_1948925.jpg

(イ、ロ、ハ、ハ)と接着します。

※瞬間接着剤は木材に有効な物を使用しますが、必要最小限で接着するようキット付属のノズルを活用して下さい。


部材(ニ、ホ、ヘ)は
e0180691_19512046.jpg

底面に角度が付きます。



特に部材(ヘ)は
e0180691_1958478.jpg

カワラ後端半分に斜めに当たりますので良く理解してペーパー掛けして下さい。


後半それぞれの部材角度は
e0180691_19521330.jpg

付属の治具1をカワラにセットし


治具の前端と
e0180691_7591759.jpg


後端を
e0180691_7593778.jpg

後から外せる程度に仮止めします。


オリイレ部には
e0180691_759521.jpg

接着剤を流して置きます。


部材(ニ、ホ)は
e0180691_854465.jpg

底面を治具の角度に合うようペーパーで斜めに加工し治具に通してカワラに接着します。
e0180691_86193.jpg

部材(ヘ)も角度に合わせ、接着し
e0180691_811081.jpg

治具後端と(ヘ)を仮止めします。


前端は
e0180691_8122637.jpg

ミオシ芯材の下面をカワラに接着し
e0180691_8131725.jpg

上端を仮止めします。


そして後部のカジキと接する面は
e0180691_8152111.jpg

ペーパー掛けし
e0180691_8155880.jpg

(ホ、ヘ)の面をカワラと揃えます。
by rikubakuginga | 2011-12-14 00:15 | 和船を作ろう